RSS | ATOM | SEARCH
プラストサッシ (断熱内窓樹脂サッシ)工事

省エネのポイントは気密性能を高め、断熱性能向上をめざす。
結露対策も重要なフアクターとなります。

工事前  結露状態(2月中旬)札幌市内


居間の窓枠解体中 


居間のベランダ― 結露で枠下地腐食 カビ発生


和室側 窓下結露でボード変形  撤去した状態


内窓取付 断熱樹脂サッシ(複層ガラス採用)
ボードクロス貼り替え済


居間の内窓敷居取り付け作業中


建具調整 完成  ストーブ脱着 クロス貼り替え済
工期 樹脂サッシ(内窓のみ)の場合2時間前後で完成
事前に採寸する時間は含みません。
腐食が激しい場合は上記のように枠ごと交換しますが
この場合は1日見てください。
気密性と省エネ効果は想像以上ですというお声を良く
お聞きします。
結露に関しては100%解決とはなりませんが、取り付け工事
の技術も最終的に反映すると感じています。
今回は解体した外壁部分に新たにウレタンを吹き付け
壁を伝う冷気を軽減しています。
工事は信頼できる工事店を選ぶことですが、これは一般
ユーザーの方には難解な問題です。
しかし方法はあります。
詳しくは下記にお電話ください。
TEL011−812−1117
株式会社札幌リフォームセンター
担当 田村

author:株式会社 札幌リフォームセンター, category:プラストサッシ, 10:47
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://www.pana-reform.com/trackback/57